健康科学科 Health

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  健康福祉学部  >  健康科学科  >  在学生のメッセージ

在学生のメッセージ


健康科学科 丹下 彩音(たんげ あやね)

 
 
 
頼れる先生と、同じ夢を目指す仲間と共に学ぶことができる学科です。

動機について

中学の頃、従姉が養護教諭を目指してこの大学へ入学し、私は養護教諭という仕事に興味を持ちました。私の中では保健室は怪我をした時、しんどい時に行く場所という認識でした。私だけでなく、そのように考えている子どももいると思います。しかし、調べていく中で、子ども一人一人を支援できる大切な仕事であることを知りました。
不安や悩みを抱えている子どもたちが助けを求められるような教師になりたいと感じるようになり、この道に進むことを決意しました。この大学を選んだきっかけは従姉に勧められたからです。学生のことを気にかけてくれる先生が多いこと、養護教諭になるためのサポートが充実していることを聞き、この学校に決めました。

学校について

現在どんなことを学んでいますか?

今は主に教員採用試験の対策を行っています。友人と共に過去問題を解いたり、自己PRを考えたりしています。授業では面接でいかに自分の魅力を伝えられるか、外見だけでなく言葉や表現の仕方等を学んでいます。

印象的な授業

印象的な授業は養護実習です。大学では学ぶことのできない体験をたくさんすることができました。まだまだ未熟であることを知り、今後の課題も見つけることができただけでなく、より『養護教諭になりたい』という想いが強くなりました。

授業や学校生活を通じて得られたこと

学校生活を通じて、養護教諭に必要な知識や技術だけでなく、同じ夢を持つ仲間ができました。意見交換や互いに勉強を教えあい、良きライバルとして切磋琢磨しています。

学科・専攻について

本学の学部・学科・専攻の特徴はどんなところだと思いますか?

健康科学科は多くの学生が養護教諭を目指しています。そのため、ほとんどの授業が専門的な内容となっています。はじめの2年は応急処置、救急処置といった看護技術を学びます。残りの2年で養護教諭になるための知識や必要な能力、子どもとの対応の仕方等を学び、今後自分に必要なものを考えていきます。

あなたが感じている、この学校(学科・専攻)の一番の魅力は何ですか?

学んだことを実践するために、病院実習、養護実習へ行きます。始めはわからないこと、悩むことがたくさんあります。しかしそんな時は悩みを聴いてくれる先生方がついています。頼れる先生と、同じ夢を目指す仲間と共に学ぶことができる学科です。

卒業後の目標・夢、そのための取り組み

丹下 彩音

地元である愛媛県での養護教諭を志望しています。

子どもを心から思いやり、支援できるような養護教諭目指していますが、今はまだ経験も浅いです。そのため、子どもと関わることができるようなボランティアをしています。養護実習で現場へ行くことで、小学生の実態をより知ることができました。この経験を続けたいと思い、近くの学校で週に一回スクールサポーターとして通っています。特定の児童と関わり、継続的に見ることで、対応の仕方やどのような支援をしていくべきか考えながら活動しています。

また、養護施設への訪問もしており、様々な環境で育った子どもたちとどのように関わっていくべきか、実際に経験をして身につけています。


健康科学科 島澤 彩乃(しまさわ あやの)

 
 
こどもが心身の健康に関心を
持ち、自らを守ることが
できるような指導ができる
養護教諭になりたい。

動機について

私は、中学生の時から子ども会を支援するボランティアをしており、子どもの心の成長を感じる場面に感動し、将来は子どもとかかわる仕事に就きたいと考えていました。また高校生の時に素敵な養護教諭の先生に出会い、温かく私を受け入れ一緒に考えてくれたおかげで、私は自分自身の問題に向き合い乗り越えることができました。
この経験から、私もこんな先生になりたいと思い養護教諭を目指すようになりました。私は進学校に通っていて色んな選択肢がある中でもこの大学を選んだ理由は教育だけでなく心についても深く学びたいと考えていたことや、先生がとても親身になってくれること、養護教諭になるためにより実践的な授業をしているからです。

学校について

現在どんなことを学んでいますか?

現在は、養護実習が終わり、中学・高校の保健の免許を取るために勉強しています。「保健室の先生」は、保健室にいて授業をしない先生だと思われていますが、これからの時代は授業ができる養護教諭が求められているそうです。

印象的な授業

「保健科指導法Ⅳでは、中学・高校に分かれて、模擬授業を行い先生から評価をしてもらいます。あまり授業経験がないため緊張しますが、周りの友達がさまざまな工夫を凝らして授業する様子を見て、とても勉強になります。

授業や学校生活を通じて得られたこと

実際に現場で授業を行うには条件がありますが、健康のことを深く学んでいる養護教諭が授業をすることで、生徒が心や体のことに関心を持ち健康でいられるように技術を身に付けていきたいです。

学科・専攻について

本学の学部・学科・専攻の特徴はどんなところだと思いますか?

健康科学科は健康について深く学び、養護教諭になるために何一つ無駄のないカリキュラムが組まれています。救急処置では、「看護臨床実習で養護教諭としての対応の仕方を学び「救急処置ⅠⅡ」で確実な技術を身に付け、「養護実習」で実践します。また、心の授業では「ストレスマネジメント」や「産業カウンセリング演習」などで知識だけでなく技術も身に付け、子どもだけでなく大人のメンタルヘルスについても学びます。

あなたが感じている、この学校(学科・専攻)の一番の魅力は何ですか?

第一種衛生管理者という資格も取得でき、養護教諭として先生方の心身の健康を助言することができます。また、健康科学科の先生はとても親身になってくれて、採用試験対策も外部の先生を呼ぶなど熱心に指導してもらえます。

卒業後の目標・夢、そのための取り組み

島澤 彩乃

私は、子どもが心身の健康に関心を持ち自ら守ることができるように指導できる養護教諭になりたいと考えています。そのためには、まず保健室にくる子どもの状態を瞬時に判断し、適切な対応ができなければなりません。

私は養護実習で子どもの訴えや状態を観察して正しく判断することの大変さや、児童が抱えている本当の気持ちを聞き出すことの難しさを痛感しました。そのため、現在は大学の近くにある小学校へボランティアへ行き、クラスに入って子どもの様々な訴えに正面から向き合い対応しています。

子どもたちが元気に学校生活を送ることができるように、声のかけ方や教職員の連携など大学では学ぶことのできない経験をたくさんしています。