学部・学科・大学院 faculty

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  3つのポリシー  >  カリキュラム・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

関西福祉科学大学では、学部学科ごとにディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、アドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れの基本方針)を策定し、広く学内外に公開しています。


カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

関西福祉科学大学では、ディプロマ・ポリシーに掲げた学生が身につけるべき資質・能力を養成し、専門性をもった倫理性の高い職業人を育成するため、以下のような方針でカリキュラム(教育課程)を編成しています。

1.教育の内容

  • 基礎的な教養・学修力修得のため、すべての学生が履修する基礎分野(基礎教養[基礎ゼミナール]、総合教養、言語、情報と伝達、健康とスポーツ、自然と科学、人間と社会、キャリア教育)を設置する。
  • 学部・学科固有の専門的知識と技能修得のため、専門科目(共通、専門)を設置する。
  • 表現能力、コミュニケーション能力を身につけるために少人数での研究演習を設置する。
  • 福祉社会の実現に努める高い倫理性に裏付けられた実践力を育てるため、専門的資格を取得するための授業科目および充実した実習科目を設置する。
  • 身につけた知識や技能を統合し、さまざまな問題解決と新たな価値の創造に結びつく能力や姿勢を育成するため、卒業研究、またはそれに準ずる授業科目をすべての学生に課し、ていねいな個別指導を実施する。

2.教育の方法

  • 授業科目の目的・内容に応じた授業形式で授業を行います。授業形式には、講義形式、演習形式、実験・実習・実技形式があります。
  • すべての学年にわたって少人数のゼミナール授業を配置します。
  • 演習形式の授業、実験・実習・実技形式の授業、ゼミナール授業において能動的学修(アクティブ・ラーニング)を積極的に導入し、学生の主体的な学修を促します。講義形式の授業においてもアクティブ・ラーニングを推奨します。
  • 全学生に対してアカデミック・アドバイザーを配置し、学生一人ひとりの学修をきめ細かく支援します。

3.成績の評価

  • 各授業科目の目的、達成目標、授業計画、準備学習、成績評価基準・方法等をシラバスに明記して公開し、学生に周知します。
  • シラバスに明記された各授業科目の成績評価基準・方法にもとづき厳格に評価を行います。

4.カリキュラムマップ

 ディプロマ・ポリシーに掲げた学生が身につけるべき資質・能力と各授業科目の関連性をカリキュラムマップに示します。