リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 Language Audiology

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  保健医療学部  >  リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻

リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻について

障がいを有する方の治療に当たる医療専門職として、次のような人格・知識・技能を備えた言語聴覚士を養成します。
①医療人としての豊かな教養と人に愛される人間性。
②リハビリテーション科学の発展と専門分化に追随し、応用できる知識と技術。
③「超高齢社会」・「障がい児・者の支援」に対する福祉科学の知識。
④指導力と多方面の医療専門職との協調性。

学科の特長

  • 幅広い領域を横断する学びで
    言語聴覚学の専門知識を養います

    医療・福祉・心理に特化した本学ならではの環境でリハビリテーションを学びます。幅広い視野をもつことで、支援を必要とする患者さま一人ひとりに向き合い、より良いリハビリテーションを考案する力を身につけます。

  • 理学療法学専攻・作業療法学専攻を有する学科で
    チーム医療を学びます

    医療現場において他領域の専門家との協力は不可欠です。本専攻は理学療法学・作業療法学専攻と連携して学ぶことで、リハビリテーションについて深く理解するとともに、専門の異なる医療専門職と協働する力を磨きます。

  • 国家試験に向けての強力な
    バックアップ体制を整えています

    本専攻の卒業要件を満たすことによって、言語聴覚士国家試験の受験資格を得ることができます。教員陣が一丸となった強力なバックアップ体制を整えることで、より確実に国家試験を突破できる力を養います。

学科のポイント

  1. 医療現場に求められる

    チーム医療の知識が深められる!

  2. 臨床経験豊富な教員による、

    実践的な指導を展開

  3. 言語聴覚士としての技術を育む

    最新の施設・設備を完備!

  4. 言語聴覚士国家試験に向けて

    万全のサポート体制を用意

リハビリテーション学科長メッセージ

「確かな医療知識と技術」と「他者を思いやる温かな心」を身につけた、愛されるセラピストになろう

リハビリテーション学科長
森 禎章 教授

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)は、身体機能や生活に様々な困難を抱えた人々の回復を助ける医療専門職です。現代のリハビリテーションは関わる領域やその内容が多様化し、運動器系や神経系のみならず、内臓系、精神、小児、地域などに関わるリハビリテーションが存在します。このようなリハビリテーションの多様化とともに、医療技術の高度化が急速に進んでいるため、療法士(セラピスト)は先端医療にも追随して行かなくてはなりません。

現代の医療では、医師・薬剤師・看護師・療法士など、医療従事者は患者様を中心に、患者も参加できる医療チームを作り、医療行為を行うことが大切です。医療チームは互いの立場を尊重して意見交換し、患者様にとって一番良い方法を常に考える必要があります。また、超高齢社会を迎えた今日、地域に根付いたリハビリテーションが求められており、福祉の知識もますます重要になって来ています。このように、セラピストとして身につけなくてはならない知識と技術は年々増加していますが、保健医療学部では学生諸君の学ぶ意欲に応えられるよう、きめ細やかなカリキュラムを展開しています。学生時代の学びによりリハビリテーションの基礎をしっかりと身につけ、卒業後にこれを発展させて欲しいと思っています。

医療従事者であるセラピストは知識や技術に加えて、「他者を思いやる温かな心」を持つことが大切です。病院や施設において障がいを持った方たちと長い時間接するセラピストは、単に医療行為を行うだけではなく患者様と心を通わせることが必要です。患者様の心を和ませ、打ち解けることのできる豊かな人間性を持ち、患者様から愛される医療人になって欲しいと願っています。

保健医療学部での学生生活を真剣に、そして楽しく送りましょう。どんなことも真剣にやってこそ本当の喜びが生まれます。学生と教職員が共に学び、確かな知識と技術を身につけ社会に貢献できることを喜びとする、それが関西福祉科学大学・保健医療学部での学びです。


リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 3つのポリシー

リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻のアドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)、
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)はこちらからご覧ください。