健康科学科 Health

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  健康福祉学部  >  健康科学科  >  北海道地方

北海道地方

北海道 中学校勤務 (10期生)

私は大学卒業後、1年間大阪の中高一貫校で非常勤講師をし、教員採用試験に受かったため今年の4月から北海道の中学校で働いています。縁もゆかりもない北海道でしたが、教員採用試験を受けようと思った理由は、私自身早く正規採用されたかったからです。
親戚も友達もいない北海道で働くのはとても不安でしたが、関西から来たということで、同僚の先生方、保護者の方や地域の方が大変良くしてくださって、充実した毎日を送っています。仕事では失敗ばかり繰り返していますが、周りに助けられながら頑張っています。
 また、人口が5000人ほどの小さな町なので、学校と地域のつながりが強く、様々な地域のイベントに積極的に参加したり、地域の人々から学校行事に協力してもらったりしています。町全体で子どもたちの成長を見守っているような感じがして、私はそのような雰囲気が好きです。
私が勤めている中学校は全校生徒100人ほどの学校です。しかし、北海道にはもっと生徒数が少ない学校があるので、これでは小規模校とは言えません。子どもたちは関西の子どもよりも純粋で幼い感じがします。しかし、遊ぶところが少ないためにネット環境が充実しすぎていたり、クラスのメンバーも幼稚園の頃からずっと変わらなかったりするため、新しい人への接し方やコミュニケーションが苦手な子が多いように思います。また、学校の構造も北海道仕様となっており、関西とは違うところがたくさんあります。これらの環境の変化にギャップを感じ、悩んだり苦労したりもしました。しかし、それと同時に新しく学ぶこともたくさんあり、やりがいを感じながら子どもたちと楽しく充実した毎日を過ごしています。
この小さな中学校内でも、子どもたちは様々なことに悩んだり敏感になったり、傷ついたりしてしましいます。そんな子どもたちが楽しく思い出に残るような中学校生活を送れるように支えていきたいと思います。これからも頑張ります!


北海道(4年生)

私が本格的に教員採用試験に向けて、学習し始めたのは3回生の秋からです。それ以前から面接の練習などもしていましたが、本腰を入れ始めたのはこの時期からでした。
筆記試験の対策として、自分で行う時間と友人と行う時間とに分けて行いました。1人で行う時は問題集を繰り返し行い覚えこむことや、法律などを録音して聞いて覚えるなどして取り組みました。友人とは問題を出し合ったり、情報交換をするなどしていました。
面接対策としては、受験する都道府県の過去問を面接用のノートに書き込み、自らの考えをまとめることや、学生同士で何度も練習したり、先生にも見ていただきアドバイスを頂きました。私自身、あまり面接が得意ではなかったので様々な人とたくさん練習することで、場数を踏み、色々な人の意見を頂きまし取り組みました。
そして正直、教員採用試験はしんどい時もありました。筆記試験の勉強は広範囲で、面接練習もなかなか思うようにいかないこともあり不安なこともありましたが、一緒に頑張る友人と励まし合い、互いに高め合うことで力がつきました。そして何よりも養護教諭になりたいという強い気持ちが大切です。その強い気持ちが自信にも繋がると思いました。