リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 Language Audiology

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  保健医療学部  >  リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻

リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻について

障がいを有する方の治療に当たる医療専門職として、次のような人格・知識・技能を備えた言語聴覚士を養成します。
①医療人としての豊かな教養と人に愛される人間性。
②リハビリテーション科学の発展と専門分化に追随し、応用できる知識と技術。
③「超高齢社会」・「障がい児・者の支援」に対する福祉科学の知識。
④指導力と多方面の医療専門職との協調性。

学科の特長

  • 幅広い領域を横断する学びで
    言語聴覚学の専門知識を養います

    医療・福祉・心理に特化した本学ならではの環境でリハビリテーションを学びます。幅広い視野をもつことで、支援を必要とする患者さま一人ひとりに向き合い、より良いリハビリテーションを考案する力を身につけます。

  • 理学療法学専攻・作業療法学専攻を有する学科で
    チーム医療を学びます

    医療現場において他領域の専門家との協力は不可欠です。本専攻は理学療法学・作業療法学専攻と連携して学ぶことで、リハビリテーションについて深く理解するとともに、専門の異なる医療専門職と協働する力を磨きます。

  • 国家試験に向けての強力な
    バックアップ体制を整えています

    本専攻の卒業要件を満たすことによって、言語聴覚士国家試験の受験資格を得ることができます。教員陣が一丸となった強力なバックアップ体制を整えることで、より確実に国家試験を突破できる力を養います。

学科のポイント

  1. 医療現場に求められる

    チーム医療の知識が深められる!

  2. 臨床経験豊富な教員による、

    実践的な指導を展開

  3. 言語聴覚士としての技術を育む

    最新の施設・設備を完備!

  4. 言語聴覚士国家試験に向けて

    万全のサポート体制を用意

リハビリテーション学科長メッセージ

医療専門職を目指す皆さんへ

リハビリテーション学科長
森 禎章 教授

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)は国家資格の医療専門職です。
20世紀後半以降、医学が急速に発展し、医療現場において専門化・細分化がおこりました。また、これに伴い医療の概念が拡大して予防医学、リハビリテーション医学、終末期医学などにまで範囲が広がり、保健、医療、福祉が一体のものと理解されてきています。
リハビリテーションとは、病気や外傷で身体が障害されたあとに残った機能障害を可能な限り回復させ、残った機能を有効に使って社会生活に適応できるよう指導、訓練を行う治療です。当初は外傷や脳血管障害後遺症の患者が対象でしたが、近年ではリハビリテーションの概念についても拡大がみられ、様々な疾患にその適用が広がっています。
この分野には医師、看護師のほかに、PT・OT・STなどの専門職がかかわっていますが、特にPT・OT・STはリハビリテーションを推進するチームの中心を担い、対象者にとって少しでも豊かで満足な生活が送れるよう支援を行う専門職です。したがって、PT・OT・STは医療専門職として十分な科学的・医学的な知識を身につけたうえで専門知識や技術を修得し、リハビリテーション科学の発展と専門分化に追随する意欲や、問題を解決に取り組む強い意志を持たなくてはなりません。また、PT・OT・STは常に対象者の権利と自律性を尊重し、対象者の視点に立った医療行為を行う必要があります。そのためにも、様々な体験を通じて人間性や教養を磨き、利他的奉仕の精神を持たなくてはなりません。
リハビリテーション学科の学生には、講義・演習・実習を通じて常に知識と技術の習得に励んで頂くとともに、学校生活やボランティア活動などを通じて温かな心をもって対象者に寄り添う姿勢を学び、福祉社会に貢献できる医療専門職を目指して欲しいと思っています。


リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻 3つのポリシー

リハビリテーション学科 言語聴覚学専攻のアドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)、
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)はこちらからご覧ください。