リハビリテーション学科 理学療法学専攻 Physical Therapy

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  保健医療学部  >  リハビリテーション学科 理学療法学専攻  >  教員紹介  >  大嶺 俊充

大嶺 俊充

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

助教 大嶺 俊充 おおみね としみつ
専門分野

スポーツ理学療法、運動器リハビリテーション

スポーツパフォーマンスの向上のために必要な体幹機能について、ジャイロセンサを用いて研究をしています。その他に、腰椎分離症という腰の疲労骨折の効果的な予防方法、治療方法を検証しています。
担当科目 基礎ゼミナールⅠ、基礎ゼミナールⅡ、基礎ゼミナールⅢ、基礎ゼミナールⅣ、理学療法評価学Ⅰ、理学療法評価学Ⅱ(筋機能)、臨床実習Ⅰ(臨床見学実習)、臨床実習Ⅱ(臨床評価実習)、臨床実習Ⅲ(臨床治療実習)

MESSAGE

理学療法士は、患者さまの人生の一部に関わる大変な仕事です。悩み苦しむこともありますが、その分とてもやりがいがあり楽しい仕事です。学生の皆さんに、理学療法士としての楽しさやりがいを、学校の授業や病院・施設での実習を通して感じてもらえるようにサポートしたいと思います。

学位 修士(保健学)
最終学歴 大阪府立大学(2018年修了)
教育・研究実績 【論文】
筆頭論文
・大嶺 俊充 他:高速片脚もも上げ動作課題時における所要時間と体幹運動量の関係について(腰椎部ジャイロセンサによる体幹角速度データを用いて).日本機械学会 シンポジウム スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス 講演論文集、C-22 2018.
・大嶺 俊充 他: 成長期スポーツ選手における腰椎分離症症例の治療前身体機能の特徴. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 Vol.39 NO.1 P1-P6 2019.
・大嶺 俊充 他:初期腰椎分離症骨癒合後の再発率と再発例の特徴 日本整形外科スポーツ医学会雑誌2021 年 41 巻 1 号 p. 39-43
・大嶺 俊充 他:発育期サッカー選手における股関節周囲筋の柔軟性低下と有痛性腰椎分離症との関連性. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌, Vol.42 NO.1 P32-35, 2022.

共著論文
・Yamamoto S, Ohmine T et al: The relative importance of velocity and strength components in physical tasks for older women in geriatric health services facilities. International Journal of Gerontology. 2019, 13:125-128.
・Yamamoto S, Ohmine T et al: Preliminary study on the effects of movement velocity training of the upper limbs on gait ability in older adults: a non-randomized controlled trial. Journal Clinical Interventions in Aging. 2019, 14:781-788.
・和中 秀行、大嶺 俊充 他:人工膝関節全置換術患者の両下肢間協調性について. 理学療法学 Vol47 No.5 P402-410 2020.
・藤原 南美、大嶺 俊充 他: 足関節自動運動における静脈血流速度増加の要因分析. 体力科学. 2021 年 70 巻 5 号 p. 327-335
・Honma H, Ohmine T et al: Immediate Effects of Single-Session High-Velocity Training for Lateral Trunk Movement on Gait Function in Early Postoperative Patients after Total Hip Arthroplasty: A Nonrandomized Controlled Trial. Healthcare (Basel). Feb; 10(2): 256, 2022.
・Ueda A, Mitani,Y, Koda H, Omine T et al: Verification of Shoulder External Rotators Strength Measurement Using a Suspension Scale. Cureus 14(6): e26106. (2022)
・藤原和喜、大嶺俊充 他:発育期野球選手における片側腰椎分離症の罹患側の違いによる身体機能の検討. 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 Vol.42 NO.1 P32-35. 

共著著書
・寺井 秀富、大嶺 俊充 他:スポーツ選手の腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下後方手術. 脊椎脊髄ジャーナル2018 Vol.31 NO.3
 
国際学会発表
・Ohmine T et al: Education effects for patients with lumbar disc herniation after micro endscopic discectomy in terms of sitting position. 9th World Congress of the International Society of Physical and Rehabilitation Medicine. 2015

教育上の能力に関する事項

教育方法の実践例 現場のリアルな事例をできるだけ学生さんに伝え、共有していきたいと考えています。その上で、学内での学習を現場に活かしていく方法、考え方を共に学べる授業を心がけます。
作成した教科書、教材 -
実務の経験を有する
者についての特記事項
臨床実習指導(~2020年)
その他 -

職務上の実績に関する事項

資格、免許 理学療法士
特許等 -
実務の経験を有する者についての特記事項 羽曳野市理学療法士協会「新人教育プログラムC-1」(2019年)
産後リハビリテーション研究会 大阪支部 代表幹事(~2020年)
その他 -

教員一覧へ戻る

- KANSAI UNIVERSITY OF WELFARE SCIENCES -
(学校法人 玉手山学園)

〒582-0026 大阪府柏原市旭ケ丘3丁目11-1

072-978-0088