リハビリテーション学科 作業療法学専攻 Occupational Therapy

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  保健医療学部  >  リハビリテーション学科 作業療法学専攻  >  教員紹介  >  有久 勝彦

有久 勝彦

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

准教授 有久 勝彦 ありひさ かつひこ
専門分野

身体障害作業療法学、リスク学

身体の障害のみならず心の障害や発達の障害によっても転倒するリスクは高くなります。転倒の発生要因の6割は医療従事者側の要因によって起こっています。どのようにして医療従事者側の要因を減らすことができるのかについて考えることが研究テーマです。
担当科目 運動学、介護の基本Ⅳ、義肢装具学、作業運動学、身体機能作業療法学総論、身体機能作業療法治療学、身体機能作業療法総合演習Ⅱ(評価)、身体機能作業療法評価学Ⅱ、卒業研究、地域・医療連携論、領域別演習(基礎・身体・精神・発達・地域)、臨床作業運動学、臨床実習Ⅰ(見学実習前期)、臨床実習Ⅰ(臨床体験実習)、臨床実習Ⅱ(見学実習後期)、臨床実習Ⅱ(臨床評価実習)、臨床実習Ⅲ(評価実習前期)、臨床実習Ⅲ(臨床治療実習)、臨床実習Ⅳ(評価実習後期)、臨床実習Ⅳ(保健福祉実習)

MESSAGE

作業療法は多くの可能性を秘めた仕事だと思います。仕事の幅も広いので、自分のしたいことがきっと見つかるはずです。自分の好きな道を作業療法の中から探し出し、プロフェッショナルとして社会の役に立つ人になりましょう。

学位 博士(保健学)
最終学歴 広島大学大学院 保健学研究科 保健学専攻(2019年修了)
教育・研究実績 <論文>
・Development and Testing of a Visual Tool for Assessing Risk of Falls, Quality Management in Health Care,Vol28(3),139-146,2019.
・リスク予知能力を評価する“Time Pressure-Kiken Yochi Training 効果測定システム”試作版の開発とその妥当性および信頼性の検討,作業療法・福岡17,35-39,2018.

<特集>
・明日から使える評価法「Time Pressure-Kiken Yochi Training効果測定システムの紹介」,大阪作業療法ジャーナル35(1),43-47,2021.

<学会発表>
・危険予知能力の差から見たリスクにおける臨床判断傾向の比較~MAXQDAを用いた特性の抽出~, 第55回日本作業療法学会,2021.
・熟練者と非熟練者のTP-KYTにおけるランクに応じた特徴~潜在ランク理論を用いた検討~, 第54回日本作業療法学会,2020.
・リスク予知における作業療法士と学生の臨床判断の違い-簡易版TP-KYTとNASA-TLXを用いた検討-,第53回日本作業療法学会,2019.
・学生と医療従事者のリスク予知における潜在ランクによる特徴とその比較, 第32回教育研究大会,2019.
・リスク予測評価であるTP‐KYT効果測定システムの簡易版の作成と妥当性の検討, 第52回日本作業療法学会,2018.
・What should be communicated to students during skill training?
—A qualitative study on the differences in awareness between students and instructors regarding transfer assistance skills—, 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational Therapy Congress and Expo,2014.

<外部研究費>
・タイムプレッシャー理論をベースとしたリスク認知能力の再評価版作成について.2020年~,科学研究費補助金 若手,課題番号20K20249,研究代表者
・介護職員の危険予知能力の特徴探索およびその特徴を網羅したリスク教育の標準化の検討. 2020年~2021年,公益社団法人全国老人福祉施設協議会 老施協総研 令和2年度調査研究助成事業,研究代表者
・タイムプレッシャー理論をベースとしたリスク認知能力の評価法作成について.2017年~2019年,科学研究費補助金 若手B,課題番号17K13044,研究代表者

教育上の能力に関する事項

教育方法の実践例 -
作成した教科書、教材 -
実務の経験を有する
者についての特記事項
・A-ONE(The ADL-focused Occupation-based Neurobehavioral Evaluation)認定評価者
・Assessment of Motor and Process Skills(アンプス:運動とプロセス技能の評価)認定評価者
・厚生省理学療法士・作業療法士養成施設等長期講習会受講・修了
・作業療法士臨床実習指導者研修・修了
その他 ・北九州市介護認定審査会審査委員(2009年~2013年)
・大川市介護認定審査会審査委員(2014年~2022年)

職務上の実績に関する事項

資格、免許 ・作業療法士
・A-ONE認定評価者
・AMPS認定評価者
特許等 -
実務の経験を有する者についての特記事項 (講演会等 2021年度)
・現職者共通研修「実践のための作業療法研究」講師(2022年)
・第35回大阪府作業療法学会 公募企画公演「新しいリスクの評価法Time Pressure-Kiken Yochi Training効果測定システムの紹介」講師(2021年)
・社会福祉法人 真寿会 KYT研修「転倒・転落を防ぐスタッフの力~TP-KYTを用いて~」講師(2021年)
・一般社団法人 奈良県作業療法士会 会長企画「メディカルエラーを予防する~TP-KYTの紹介~」講師(2021年)
・北九州病院グループ 中堅職員者研修「リハビリテーションとリスクのみかた」講師(2021年)
・公益社団法人 福岡県作業療法協会 人材育成研修会「学術部活動報告」講師(2021年)
・社会福祉法人三條会 障害者支援施設 仁方 研修会「TP-KYT研修」講師(2021年)
その他 ・公益社団法人 福岡県作業療法協会 学術部 担当理事(2014年~2022年)
・一般社団法人 日本作業療法士協会 教育部 教育関連審査委員会 資格認定審査班 委員(2014年~)
・臨床家・教育者のための生活リスク・コミュニケーション研究会 世話人(2016年~)

教員一覧へ戻る

- KANSAI UNIVERSITY OF WELFARE SCIENCES -
(学校法人 玉手山学園)

〒582-0026 大阪府柏原市旭ケ丘3丁目11-1

072-978-0088