学部・学科・大学院 faculty

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  3つのポリシー  >  3つのポリシー

3つのポリシー

関西福祉科学大学では、学部学科ごとにディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、アドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れの基本方針)を策定し、広く学内外に公開しています。


ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

関西福祉科学大学は、福祉科学の知識・技能を体得し、建学の精神「感恩」にもとづき、人の幸せを願う豊かなこころで、一人でも多くの人に明るい希望をもたらす社会人の育成を教育目的としています。
その実現のため、学生が身につけるべき資質・能力を以下のとおり定め、各学科・専攻の教育課程が定める授業科目を履修し、基準となる単位を取得した者には、教授会の議を経て、学長が卒業を認定し、学位を授与します。
なお、本学では、社会に積極的に貢献できる人材を育てるため、資格取得等を通じた実学志向の教育を実践しています。

【知識・技能】

  • 人間力を培うための幅広い教養を身につける。
  • 福祉、心理、健康、保健・医療、教育に関する専門的な知識・技能を身につける。
  • 語学力、情報リテラシー能力、プレゼンテーション能力を身につける。

【思考力・判断力・表現力】

 社会における諸問題を的確に見通し、専門的な知識・技能にもとづいて分析評価し、解決を図ることができる。

【主体性・多様性・協働性】

 人の幸せを願う豊かなこころで、他者と協働しながら、社会における諸問題の解決を図り、福祉社会の実現に貢献できる。


カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

関西福祉科学大学では、ディプロマ・ポリシーに掲げた学生が身につけるべき資質・能力を養成し、専門性をもった倫理性の高い職業人を育成するため、以下のような方針でカリキュラム(教育課程)を編成しています。

1.教育の内容

  • 基礎的な教養・学修力修得のため、すべての学生が履修する基礎分野(基礎教養[基礎ゼミナール]、総合教養、言語、情報と伝達、健康とスポーツ、自然と科学、人間と社会、キャリア教育)を設置する。
  • 学部・学科固有の専門的知識と技能修得のため、専門科目(共通、専門)を設置する。
  • 表現能力、コミュニケーション能力を身につけるために少人数での研究演習を設置する。
  • 福祉社会の実現に努める高い倫理性に裏付けられた実践力を育てるため、専門的資格を取得するための授業科目および充実した実習科目を設置する。
  • 身につけた知識や技能を統合し、さまざまな問題解決と新たな価値の創造に結びつく能力や姿勢を育成するため、卒業研究、またはそれに準ずる授業科目をすべての学生に課し、ていねいな個別指導を実施する。

2.教育の方法

  • 授業科目の目的・内容に応じた授業形式で授業を行います。授業形式には、講義形式、演習形式、実験・実習・実技形式があります。
  • すべての学年にわたって少人数のゼミナール授業を配置します。
  • 演習形式の授業、実験・実習・実技形式の授業、ゼミナール授業において能動的学修(アクティブ・ラーニング)を積極的に導入し、学生の主体的な学修を促します。講義形式の授業においてもアクティブ・ラーニングを推奨します。
  • 全学生に対してアカデミック・アドバイザーを配置し、学生一人ひとりの学修をきめ細かく支援します。

3.成績の評価

  • 各授業科目の目的、達成目標、授業計画、準備学習、成績評価基準・方法等をシラバスに明記して公開し、学生に周知します。
  • シラバスに明記された各授業科目の成績評価基準・方法にもとづき厳格に評価を行います。

4.カリキュラムマップ

 ディプロマ・ポリシーに掲げた学生が身につけるべき資質・能力と各授業科目の関連性をカリキュラムマップに示します。


アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ基本方針)

1.求める学生像

関西福祉科学大学では、学業を成就する基礎能力と高い志を持ち、福祉・心理・健康・栄養・食・医療・教育等の観点から、社会に積極的に貢献しようとする人を求めます。さらに、学科ごとに学びの特色に応じて求める学生像を定めています。

2.入学者に求める能力

関西福祉科学大学への入学を希望する人は、高等学校等において以下の能力等を身につけておくことが望まれます。

 ①高等学校等で学ぶ知識・技能

 ②思考力・判断力・表現力等の能力

 ③主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ能力

3.選考方法

関西福祉科学大学および各学科の求める学生像に適合する人を受け入れるために、以下の入学試験において、入学者に求める能力(①、②、③)を多面的・総合的に評価し、選考します。
なお、各評価の重みづけ(配点等)については、入試ガイド・募集要項を参照してください。

 ・AO入試では、レポート、調査書(評定平均値)により①、②を評価し、自己アピールにより①、②、③を総合的に評価します。
 ・特別推薦(指定校、課外活動)入試では、書類審査、面接により①、②、③を総合的に評価します。
 ・公募推薦入試では、基礎能力、小論文、調査書(評定平均値)により①、②を評価し、面接により①、②、③を総合的に評価します。
 ・一般入試では、学力試験により①、②を評価します。
 ・センター試験利用入試では、大学入試センター試験の成績により①、②を評価します。
 ・社会人入試では、小論文により①、②を評価し、面接により①、②、③を総合的に評価します。
 ・編入学入試では、英語、小論文、専門科目により①、②を評価し、面接により①、②、③を総合的に評価します。

各学科の3つのポリシー