学部・学科・大学院 faculty

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  3つのポリシー  >  3つのポリシー【心理科学科】

3つのポリシー【心理科学科】

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

 心理科学科では、学科の教育目的・目標に照らして、学生が身につけるべき資質・能力を以下のとおり定めます。本学科の教育課程が定める授業科目を履修し、基準となる単位を取得した者には、教授会の議を経て、学長が卒業を認定し、学位を授与します。
 なお、本学科では社会に積極的に貢献できる人材を育てるため、国家資格としての精神保健福祉士および公認心理師の取得意欲を高め、公益社団法人日本心理学会認定心理士、一般社団法人日本健康心理学会認定健康心理士の資格取得を奨励し、実学志向の教育を実践しています。

【知識・技能】

  • 人間力を培うための幅広い教養を身につける。
  • 心理科学や精神保健福祉学に関する基本知識と実践的技法を身につける。
  • 語学力、情報リテラシー能力、プレゼンテーション能力を身につける。

【思考力・判断力・表現力】

  • 社会事象を心理学の観点を用いて科学的に見ること、分析することができる。
  • 広く現代科学の進歩に目を向け情報を取得し、より良い社会のための情報を活用することができる。
  • 心の働きにかかわる複雑な問題を解きほぐし、解決可能な道筋を探索して、調整・解決できる。

【主体性・多様性・協働性】

  • 人々が幸せな生活を送る基盤となる心の理解と支援に取り組む姿勢を持つことができる。
  • 地域や組織の中で高い倫理観と責任感を持ち、他職種と協力をし合って職務や研究を進めることができる。
  • 人と協力し合って職務や研究を進めるに際して、コミュニケーションの取り方を理解し円滑な人間関係を構築・維持することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 心理科学科では、ディプロマ・ポリシーに掲げた学生が身につけるべき資質・能力を養成し、専門性をもった倫理性の高い職業人を育成するため、以下のような方針でカリキュラム(教育課程)を編成しています。

1.教育の内容

 1年次:基礎教養、外国語や情報処理などの現代社会に求められる基礎的な技能を身につけるとともに、基礎心理学と称される全ての心理学に共通する人間理解のための基礎知識と行動分析に不可欠な統計的手法の基礎に関わる授業科目について理解する。
 2年次:専門的な知識と科学的思考の基礎作りを基盤とし、心理学に関する専門的な知識と統計手法および実験を通じて科学的見地と思考について理解する。
 3年次:専門的な知識をもとに心理学に関する各種技法の修得と人間および人間社会の分析と理解の基本を学ぶ。加えて、操作的な関わり方や援助技術・技法等の重要性を理解する。
 4年次:4年間の学修成果として卒業研究を行い、それまで学んだ理論や知識、技法等の経験を総合的に活用する。
 4年間を通して、臨床心理学をはじめ基礎心理学、応用心理学など、ひとのこころの理解と社会生活への活用の目的と基本を理解し、対人援助や支援、健康維持、さらには円滑な対人関係の構築に関する能力を身につけます。

2.教育の方法

  • 授業科目の目的・内容に応じた授業形式で授業を行います。授業形式には、講義形式、演習形式、実験・実習・実技形式があります。
  • すべての学年にわたって少人数のゼミナール授業を配置します。
  • 演習形式の授業、実験・実習・実技形式の授業、ゼミナール授業において能動的学修(アクティブ・ラーニング)を積極的に導入し、学生の主体的な学修を促します。講義形式の授業においてもアクティブ・ラーニングを推奨します。
  • 全学生に対してアカデミック・アドバイザーを配置し、学生一人ひとりの学修をきめ細かく支援します。

3.成績の評価

  • 各授業科目の目的、達成目標、授業計画、準備学習、成績評価基準・方法等をシラバスに明記して公開し、学生に周知します。
  • シラバスに明記された各授業科目の成績評価基準・方法にもとづき厳格に評価を行います。

4.カリキュラムマップ

 ディプロマ・ポリシーに掲げた学生が身につけるべき資質・能力と各授業科目の関連性をカリキュラムマップに示します。


アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

<求める学生像>

 心理科学科では、心の仕組みやはたらきに興味があり、心の問題に関する知識や支援方法、健康維持の仕方を修得しようという意欲のある人、そして社会で円滑な人間関係が築けるふれあいを大切にできる人を求めます。

<入学者に求めるもの>

  • 高等学校等で学ぶ基礎学力を有していること
  • 論理的な考え方を根底に置き、自分の考えを適切に表現できること
  • 他者の考えや感情に理解を示し、円滑なコミュニケーションが取れること