関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  大学院 社会福祉学研究科  >  心理臨床学専攻修士課程  >  教員紹介  >  福田 早苗

福田 早苗

心理臨床学専攻修士課程

教授 福田 早苗 ふくだ さなえ
専門分野

健康科学、予防医学、公衆衛生学

ストレスや疲労及び睡眠や食生活といった生活習慣に関する調査及び臨床研究を労働者・母子・一般地域住民等幅広い対象で実施しています。
担当科目 心理臨床学研究演習Ⅰ、心理臨床学研究演習Ⅱ

MESSAGE

公衆衛生学や衛生学と書くと難しそうですが、皆さんや皆さんの家族が健康な生活を送る上でどんなことが重要か、どうすれば健康で安全な生活が送れるかを考える分野です。また、労働衛生や作業環境測定は、多くの皆さんが目指す、第一種衛生管理者や養護教諭をはじめとする全ての働く人にとってとても大切なことです。今の自分、未来の自分そして、自分の家族にとって必要なことと思って講義を受けてほしいです。

学位 博士(医学)
最終学歴 大阪大学大学院 医学系研究科(2001年修了)
教育・研究実績 1. Fatigue-related Problem Scale for better understanding of pathophysiology of chronic fatigue syndrome: discriminating from fibromyalgia and related pain. Fukuda S, Kuratsune H, Kajimoto O, Watanabe Y. Advances in Neuroimmune Biology, DOI 10.3233/NIB-012906, 2012.
2. Fujii H, Koyama H, Fukuda S,他10名. Autonomic function is associated with health-related quality of life in patients with end-stage renal disease: a case-control study. Journal of Renal Nutrition, ,23(5), 340-347, 2013.
3. Fukuda S, Ihara T, Narumi D, Genchi Y Japanese sleep disturbance and fatigue disability weights in evaluating the effects of increasing temperatures on health by a life cycle approach, The International Journal of Life Cycle Assessment,ISSN 0948-3349 / 1614-7502, Springer, 2013.
4. Fukuda S, Horiguchi M, Yamaguti K, Nakatomi Y, Kuratsune H, Ichinose H, Watanabe Y. Association of monoamine-synthesizing genes with the depression tendency in chronic fatigue syndrome patients. Life Sciences, 92(3), 183-186, 2013.
5. Mizuno K, Tanaka M, Fukuda S, Imai-Matsumura K, Watanabe Y. Divided attention of adolescents related to lifestyles and academic and family conditions. Brain & Development, 35(5),435-440, 2013.
6. Nakatomi Y, Mizuno K, Ishii A, Wada Y, Tanaka M, Tazawa S, Onoe K, Fukuda S,他8名.Neuroinflammation in patients with chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: a 11C-(R)-PK11195 positronemission tomography. Journal of Nuclear Medicine, 55(6), 945-950, 2014.
7. Fukuda S, Koyama H, Kondo K, Fujii H, Hirayama Y, Tabata T, Okamura M, Yamakawa T, Okada S, Hirata S, Kiyama H, Kajimoto O, Watanabe Y, Inaba M, Nishizawa Y. Effects of Nutritional Supplementation on Fatigue, and Autonomic and Immune Dysfunction in Patients with End-Stage Renal Disease: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Multicenter Trial. Plos One 10(3)E0119578 doi: 10.1371/journal.pone.0119578, 2015 
8. Fujii H, Fukuda S, Narumi D, Ihara T, Watanabe Y. Fatigue and sleep under large summer temperature differences. Environmental Research 12(138C) 17-21, 2015
9.Fukuda S, Nojima J, Kajimoto O, Yamaguti K, Nakatomi Y, Kuratsune H, Watanabe Y. Ubiquinol supplementation improves fatigue, autonomic nervous function, and cognitive function in patients with chronic fatigue syndrome: An open-label study and a randomized, double-blind, placebo-controlled study.BioFactors, 42(4):431-40, 2016.
10. Fukuda S, Nojima J, Motoki Y, Yamaguti K, Nakatomi Y, Okawa N, Fujiwara K, Watanabe Y, Kuratsune H. A potential biomarker for fatigue: Oxidative stress and anti-oxidative activity. Biological Psychology 2016 Jul;118:88-93. doi: 10.1016/j.biopsycho.2016.05.005. Epub 2016 May 17.
11.福田早苗、渡辺映理. 抗疲労と香り 1-4章、フレグランスジャーナル社、東京、2017/10
12.鳴海大典、井原智彦、福田早苗.  都市における屋外気温の上昇が睡眠に与える影響.  日本建築学会(技術報告集)22巻52号1045-1048、2017/10
13.Yamano E, Sugimoto M, Hirayama A, Kume S, Yamato M, Jin G, Tajima S, Goda N, Iwai K, Fukuda S, et al.  Index markers of chronic fatigue syndrome with dysfunction of TCA and urea cycles. Scientific Reports  Oct 11;6:34990. doi: 10.1038/srep34990.2017/10
14.福田早苗、木村貴彦、松村歌子、長見まき子、山内彰.  K大学H学科におけるインターンシップ導入の意義と課題 文献的考察を含めて.  総合福祉科学研究8号http://id.nii.ac.jp/1059/00002040/ 2018/3

教育上の能力に関する事項

教育方法の実践例 地域や労働者の状況を知る目的と健康支援に貢献する目的で地域や産業現場でのフィールド研究を実施しています。企業や・地域住民に関して健康や生活習慣に関する講演を行い、公衆衛生活動に必要な啓発活動も実施しています。
作成した教科書、教材 -
実務の経験を有する
者についての特記事項
-
その他 https://researchmap.jp/read0148516

職務上の実績に関する事項

資格、免許
精神保健福祉士
ゲノムメディカルリサーチコーディネーター
キャリア・コンサルタント
第1種衛生管理者
特許等 特許公開2013-97423 抗疲労食選定装置、及び、抗疲労食選定方法
実務の経験を有する者についての特記事項
日本疲労学会会員 評議員(2011年より)(現在に至る)
財団法人大阪市都市型産業振興センター アドバイザー(2009年)
健康維持増進住宅研究コンソーシアム健康影響低減部会屋外環境影響検討ワーキンググループ委員(2011-2013)
その他
2003年 中富健康科学振興財団(留学助成金)授与
2003~2005年ドイツ学術交流会年間奨学生

https://researchmap.jp/read0148516

教員一覧へ戻る