新着情報 topics

関西福祉科学大学 HOME  >  新着情報  >  2021年 新着情報  >  【社会福祉学科】FOP 4・5月の「Rカフェ」ご報告~輪タク試乗会&参加者作詞「原川の四季」~

【社会福祉学科】FOP 4・5月の「Rカフェ」ご報告~輪タク試乗会&参加者作詞「原川の四季」~2021年07月19日

 福科大オレンジ・プロジェクト(FOP)は、「五感対話法」というコミュニケーション法を学びたいという思いをもった学生が集まり、日々学内で学びつつ、その方法を活かした様々な活動を学内外で行っているプロジェクトです。
 その活動の一つとして、認知症のお年寄りやそのご家族の方が気軽に集まることができる場として月に1回実施している認知症カフェの運営があります。今回は4・5月に開催された、大学敷地内にある立教館の「Rカフェ」の様子についてご報告します!

 4月のRカフェでは、地域住民の皆さまだけではなく、FOPに興味を持った沢山の学生さんが見学に来て下さり、とても賑わいました。新しい取り組みとして始めた自転車タクシー(自力でカフェに参加できない方には、写真にあるような自転車で送迎を行います)による試乗会も実施しました。
 その他、旗上げゲームなどのレクリエーションを行いながら、和やかな雰囲気の中で、無事カフェを終えることが出来ました。

  • 自転車タクシー

  • 「Rカフェ」の様子


 5月のRカフェでは、緊急事態宣言が発令されたため、普段は2時間実施しているカフェを1時間に短縮して行いました。そのため、普段行っているレクリエーションや五感対話法を使いながらグループでお話をする「輪になろう会」などは行えませんでした。しかし、いつものカフェ同様、地域の方々とお話したり、ハーモニカ演奏を楽しむことができました。
 そして、参加者の地域住民の方から、昔お作りになった「原川の四季」をこのカフェで歌って頂きたいというご提案を頂きました。学生で練習を行い、今後のRカフェでは歌声を立教館で響かせたいと思います。

  • 「Rカフェ」の様子

  • 「Rカフェ」の様子



前のページへ戻る