新着情報 topics

関西福祉科学大学 HOME  >  新着情報  >  2020年 新着情報  >  【言語聴覚学専攻】聴覚障害学演習の授業で聴力検査を行いました!

【言語聴覚学専攻】聴覚障害学演習の授業で聴力検査を行いました!2020年07月20日

 言語聴覚学専攻では、1年時より聴力検査の演習授業を行っています。
 これまでは、本学に設置されている防音室内で、オージオメーターを操作して検査を行ってきました。

防音室、オージオメーター

 今学期は、2年生が純音聴力検査、語音聴力検査、ティンパノメトリー検査の演習を行いましたが、現在の状況を踏まえて、フェイスシールド着用し、三密を避けるために、換気をしながら教室内で実施しました。

聴力検査の様子

 例年とは状況が異なり、精密な検査を行うことはできませんが、機器の操作、被検者に対する説明や配慮、など学ぶべきことはあると思います。今できる範囲で、学生は実践し、成長しているように思います。
 例年、言語聴覚学専攻は、地域住民の方々に「聞こえの検査」を提供しています。日々の演習の成果を発揮できるよう取り組んでもらいたいと思っております。現在の状況に負けず、学生が言語聴覚士になれるよう、学生・教員が一致団結して頑張っています!


前のページへ戻る