新着情報 topics

関西福祉科学大学 HOME  >  新着情報  >  2018年 新着情報  >  【発達支援教育専攻】学生による自主企画・教育実習体験共有会が行われました。

【発達支援教育専攻】学生による自主企画・教育実習体験共有会が行われました。2018年11月21日

 不安だらけで臨んだ小学校での教育実習も終わり、はや一か月が経ちました。実習前とは打って変わり、皆それぞれ将来の進路を見据えるようになりました。絶対に教師になることを心に誓った者、自分には厳しいと感じて教師の道を迷い始めた者、様々な考えが生まれたように思います。そんな、将来観を左右するほど中身の濃い一か月間の教育実習を、ぜひ学生同士で報告・共有し合おうという話が出ました。
 そうして、11月1日と8日に教育実習体験共有会を開催しました。もちろん実習に参加した学生だけでなく、来年以降実習に参加する下級生や同期も交えて行いました。
 児童との楽しかった出来事、失敗談、現場の課題や、学校ごとの特色なども話し合いました。また、一日のスケジュールや日誌の書き方等、下級生の疑問にも答えました。
 様々な実習先の話を共有することで、学校単位で教育方針や取り組みが違うということ、そうした教育方針や取り組みを、クラスに落とし込み、機能させられるかどうかは、担任次第であるということも改めて確認しました。
 教員採用試験まで、残り半年となりました。勉強会や講座など、それぞれ対策が進んでいます。大学生活の集大成として、満足のいく結果を出せるように励みます。

  • 自主企画・教育実習体験共有会

  • 自主企画・教育実習体験共有会



前のページへ戻る

- KANSAI UNIVERSITY OF WELFARE SCIENCES -
(学校法人 玉手山学園)

〒582-0026 大阪府柏原市旭ケ丘3丁目11-1