新着情報 topics

関西福祉科学大学 HOME  >  新着情報  >  2018年 新着情報  >  【健康科学科】6月24日にオープンキャンパスが開催されました。

【健康科学科】6月24日にオープンキャンパスが開催されました。2018年06月28日

 この日は、治部先生による「あなたは自立できていますか?自立とは何かを考えよう」という講義の中で①「自立した人ってどんな人?」②「自立度をチェックしよう」③「あなたの命をはぐくむためのお金」の3つのワークをまじえて、高校生が生まれてから18歳までにかかったお金の合計が2500万円を超えるということをワークシートで計算し、保護者の方に感謝しましょうという内容のものでした。一緒にこられていたお母さまに感謝を伝えている場面もみられ、有意義な時間となりました。

ミニ講義(治部先生)

「養護教諭として活躍している卒業生の先輩の話を聞こう」のコーナーでは、本学科の卒業生が現在働いている小学校での出来事や体験について話してくれました。また、受験のときになぜ本学を選んだのかなど、高校生の関心の高い話もしてくれました。卒業生からは、次のようなメッセージをいただきました。
「私はこの大学に入ったから、昔からの夢だった養護教諭になれた!と思っています。働き始めて、改めて大学で学ぶこと一つ一つが実践に繋がっているんだなぁ…と感じました。
 福科大卒の養護教諭の先輩は、全国にいます。私は、学生時代、その先輩の働く小学校でボランティアをしていました。実際に子どもと関わり、先輩養護教諭がどのように現場で働いているのかを間近で見て学ぶことが出来た経験が、今に繋がっています。
 養護教諭を目指している皆さん、教師という仕事は本当に大変な仕事です。それと同時に、子どもの少しの変化がとても嬉しく、子どもと一緒に自分自身も成長していける素敵な仕事だと思います。養護教諭になりたい!という今の気持ちを大切にして、自分の進路について考えてください!応援しています!」
(2018年3月卒業・養護教諭として勤務)

先輩の話を聞こう

 午後からは、本学科の在学生による大学生活の紹介や、入試・ボランティア・アルバイト等についての話もありました。
 また、「ミニ保健室体験」として季節の掲示物の作成や保健室で実際に使われている器具等を体験してもらう機会もあり、保健室についての理解も進んだかと思われます。

  • <掲示物を作ろう>

  • <デジタル視力計を用いて視力検査>


 また、24日は職業体験フェスタも開催され、健康科学は自律神経測定を行いました。

職業体験フェスタ(自律神経測定)

 次回は7/15(日)に開催され、大川先生による「養護教諭として災害支援を考えてみよう!」が予定されています。ぜひ、来学して、健康科学の面白さをご体験ください!!

 

前のページへ戻る