新着情報 topics

関西福祉科学大学 HOME  >  新着情報  >  2017年 新着情報  >  「第51回 日本作業療法学会」学会レポート!

「第51回 日本作業療法学会」学会レポート!2017年09月26日

2017年9月22日〜24日,東京国際フォーラムにおいて第51回 日本作業療法学会が開催されました.この学会は,全国から6,000人以上の作業療法士が集まる,年に1度の国内作業療法関連最大の学会です!

本学作業療法学専攻の教員も多数参加し,学会発表(計15演題)を行いました!
学会発表は以下の通りです!(本学教員氏名は太字・下線)

大歳太郎倉澤茂樹,横井賀津志,立山清美:特別支援学校における作業療法士との連携内容

倉澤茂樹,立山清美,岩永竜一郎,大歳太郎,横井賀津志:自閉症スペクトラム障害児の診断年齢の経年変化 診断データによる検討

福井信佳,谷合義旦,永井栄一,西野誠一,松元成将:上肢切断者に対する骨格型能動上肢義手の使用経験

辻陽子,明崎禎輝,勝村仁美,由利禄巳,平尾文雄:歩行速度に関連する要因 入院中の統合失調症患者における検討

由利禄巳,高畑進一,藤井有里,福永奈美,蕨野浩:多種職連携で支援する通所型介護予防教室の効果に関する研究

木村大介,冨山直輝,今井あい子,備前宏紀,山田和政:認知機能,行動・精神症状(BPSD),自律神経バランスに想定される双方向の因果関係に対する共分散構造分析による検討

塩津裕康:不器用さがある発達障害児に対するCognitive Orientation to daily Occupation to daily Occupational Performance(CO-OP)の実践

 その他にも,教員の共同発表者としての発表が8演題ありました!

 

学会発表の様子(ポスター発表のみ)

専攻長 大歳太郎 教授

福井信佳 准教授

由利禄巳 講師



引き続き,作業療法および教育の発展のために,本学の教員は取り組んでいきます!


前のページへ戻る