新着情報 topics

関西福祉科学大学 HOME  >  新着情報  >  2017年 新着情報  >  健康科学科 8月27日 オープンキャンパス報告です

健康科学科 8月27日 オープンキャンパス報告です2017年08月28日

8月27日(日)にオープンキャンパスが開催されました。当日は、玉手山学園祭も同時開催され、食べ物の屋台や抽選会などもあり、お祭りの雰囲気も楽しめたのではないでしょうか。
この日のミニ講義は、長見まき子教授による「産業カウンセラーに挑戦してみよう!」でした。ミニ講義では、産業カウンセラーってどんな仕事? 学校も含め、職場の安全と衛生を守るにはどうしたらいい? 「きく」には「聞く」「訊く」「聴く」の3種類があるけど、カウンセラーの「きく」はどれ? 実際にカウンセラーの「きく」を体験してみてどう思った?など、「人の話をきく」ための手法についてお話がありました。養護教諭を目指す人も、企業就職を目指す人も、「人の話をきく」スキルは必要になりますので、関心のある人は、入学後、是非長見先生の講義を受講して下さいね。

  • ミニ講義(長見先生)の様子

  • 学科紹介の様子


「在学生の話を聞こう」のコーナーでは、在学生から、健康科学科にはどんな授業がある? 部活やサークルに入った方がいい?入る時間はある? アルバイトをする時間はある? どんなボランティアをすればいい? 先生と学生の関係はどんな感じ?など、大学生のキャンパスライフをLINEでの質問形式で紹介してくれたほか、3年生になり、養護教諭関連の授業が本格化するにつれ、自分の進路について悩むことも増えてきたけど、先生や友人の助けで乗り越えていけそう、といった話がありました。在学生目線での話は、皆さんが不安に思っていること、聞きたいと思っていることだったのではないでしょうか。
「養護教諭として活躍している卒業生の先輩の話を聞こう」のコーナーでは、卒業生が、勤務先の学校の状況、1学期の勤務を振り返って大変だったこと、養護教諭の仕事の素敵なところなどを話してくれました。また、本学のいいところとして、学生が優しい、先生が親身になってくれる、採用試験対策が充実しているなどを挙げてくれました。高校生への皆さんへのメッセージは次の通りです。
「私も高校生の頃は、『どこの大学が一番自分に合っているかなー』とか『卒業したら本当に養護教諭として働くことができるのか』と不安に思うことはたくさんありました。健康科学科は、養護教諭を目指している学生がほとんどです。『本当に養護教諭になりたいのかな』と迷う時期があるかもしれませんが、ここでの4年間で、しっかり自分と向き合って将来の夢を叶えて下さい。
私は、養護教諭として働くことができていることを、とても幸せだと感じています。子どもたちがケガをしたときだけでなく、学校であった嬉しかった出来事を保健室に話しに来てくれる瞬間は、私まで嬉しい気持ちになります。子どもたちと過ごす毎日がとても楽しいです。色々な人と関わり、たくさんの経験であふれる大学生活4年間を皆さんにも送ってもらいたいです。」(2017年3月卒業生・養護教諭として勤務)

  • 養護教諭として活躍している卒業生の話


この日のランチは、養護看護実習室で、学生や教員を交えて、サンドイッチを食べながら、和気あいあいと話をしながら食事をしました。当日は、玉手山学園祭の開催もあって、「ミニ保健室」の開催はありませんでしたが、初めて参加する方には、個別相談の際に少し体験してもらいました。
この日の教員採用試験対策講座では、採用試験合格を目指す在学生・卒業生が、合格者から「場面指導」の指導を受け、教員や先輩からのアドバイスを熱心にメモしていました。
アカデミックブースでは、健康科学科からは、「あなたの疲労を測定します」のブースを実施し、来場者の皆さまの自律神経を測定しました。心のバランスが崩れると、身体にも影響が出ます。測定結果が実年齢よりも若かった方には健康科学科グッズもお渡しいたしました。自律神経は、その時々によっても結果が異なりますので、またの機会に測定してみて下さい。

  • アカデミックブースの様子

  • 教員採用試験対策講座の様子


今年度の学科コーナーのあるオープンキャンパスはこの日で最後です。次回は、3/25日です。日程の関係でオープンキャンパスに参加できなかった皆さんのために、関西福祉科学大学ではパーソナル相談を実施しています。学科の学びや入試のことなど、皆さんのご希望に合わせて、個別に対応いたしますので、入試広報部までお問い合わせ下さい。


前のページへ戻る