新着情報 topics

関西福祉科学大学 HOME  >  新着情報  >  2017年 新着情報  >  健康科学科:第7回ホームカミングデー・第3回養護教諭会を開催しました。

健康科学科:第7回ホームカミングデー・第3回養護教諭会を開催しました。2017年03月21日

2017年2月25日(土)に、第7回ホームカミングデー・第3回養護教諭会が開催されました。第1部は、在学生168名・卒業生19名・教員13名の合計200名、第2部は、在学生86名・卒業生21名・教員14名の合計121名の参加あり、盛会となりました。

健康科学科では、2017年3月には11期生を送る予定で、同門生は900名を超しました。2010年度より開催しておりますホームカミングデーでは、卒業生や在学生が集会し、情報交換や交流を深めています。また、養護教諭として活躍している卒業生も多く、卒業生が希望する内容の講演会やリカレント教育の実施し、養護教諭として活躍する卒業生を支援していきたいと養護教諭会を開催して3年目となります。今年度は、多くの卒業生に参加していただけるように両方の会を同時に開催しました。
                       
第1部の講演会では、「その時、保健室はパニックに?!救急・災害医療のプロフェッショナルが語るいざという時の対処方法」と題して、社会医療法人緑泉会 米盛病院 外傷センター長の畑 倫明 先生に、災害時に養護教諭として何をなすべきかについて、いざという時の対処方法をお話しいただきました。参加の学生や現場で働く卒業生にとっても大変有意義な内容でした。

第2部の懇親会では、卒業生が現在の近況を在学生に語り、卒業生・在校生がお互いの近況報告をしながら、学年を超えたつながりが深まり、有意義な時間を過ごすことができました。今後も健康科学科の良き伝統をつなげていくことができれば幸いです。健康科学科では次年度もホームカミングデー&養護教諭会を開催予定です。卒業生・在学生の方はぜひご参加下さい。懐かしいお顔を拝見できることを楽しみにしております。



前のページへ戻る