大学紹介 profile

関西福祉科学大学 HOME  >  大学紹介  >  大学の取り組み  >  内部質保証の方針について

内部質保証の方針について

内部質保証の方針

 関西福祉科学大学および関西福祉科学大学大学院は、内部質保証を推進するため、次のとおり方針を定める。

1.基本的な考え方

 関西福祉科学大学の目的は、学則第1条に規定するように、建学の精神「感恩」に基づき、専門の学芸を教授研究し、幅広く深い教養及び総合的な判断力と豊かな人間性を培い、福祉社会の構築に貢献しうる専門的能力を有する人材を育成することである。
 また、関西福祉科学大学大学院の目的は、大学院学則第1条に規定するように、建学の精神「感恩」に基づき、福祉社会構築に関する幅広く奥深い教授研究を行い、福祉社会の諸分野において指導的役割を果たしうる人物並びに研修者を育成し、もって我が国の福祉社会構築に資することである。
 これらの目的の実現に向けて、教育研究活動を行う中で、自ら点検及び評価を行うとともにその結果を公表し、持続的な質の改善を目指す。

2.内部質保証の体制

 本学における内部質保証の推進に責任を負う組織は、学長を委員長とする自己点検・評価委員会とする。自己点検・評価委員会は、大学全体の教育研究活動等の適切性、有効性を検証し、各学科・部署等はその検証結果を踏まえた改善・改革を恒常的かつ継続的に実施する。

3.内部質保証システム

 自己点検・評価委員会は原則として、3年ごとに全学的な自己点検・評価を実施する。実施方法及び項目については、自己点検・評価委員会がその詳細を策定し、これに基づき全学的に自己点検・評価を実施する。自己点検・評価委員会は、自己点検・評価結果を報告書としてまとめ、学外に公表するものとする。



- KANSAI UNIVERSITY OF WELFARE SCIENCES -
(学校法人 玉手山学園)

〒582-0026 大阪府柏原市旭ケ丘3丁目11-1