健康福祉学部 health welfare

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  健康福祉学部

健康福祉学部について

教育目標

健康に関する理論と技術を駆使し、身体もこころも健康となる幸せな人間生活を実現させる福祉のこころを有した専門的職業人を育成します。


学部長メッセージ

健康・福祉にかかわるトータルヘルスの専門家の養成

健康福祉学部 学部長
倉恒 弘彦 教授

健康と栄養のプロフェッショナルを目指して

日本は世界にも前例のない高齢社会を迎えており、それのみならず、勤労世代や若年世代にも、これまで取り上げられなかったようなさまざまな心身の不調を抱える人が現れてきています。社会の変化自体は必然の要素もあり、悪い点ばかりではありませんが、変わりゆく時代の中で人々はどのように健やかに生きてゆけばよいのでしょうか。

わが国では、平成25年4月から健康増進法が改定・適用されることになりました。これは、「二十一世紀における第二次国民健康づくり運動」として国民の健康の増進を総合的に図る試みです。この法律の基本的な方向性としては、(1)健康寿命の延伸と健康格差の縮小、(2)生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底、(3)社会生活を営むために必要な機能の維持及び向上、(4)健康を支え、守るための社会環境の整備、が挙げられています。この基本的な方向を実現するため、栄養・食生活、身体活動・運動、休養などの知識をもとにした生活習慣の改善が重要とされています。健康を正しく理解し、栄養・食生活に関する基本的な知識を身につけたプロフェッショナルが、21世紀の社会で求められる貴重な人材なのです。

健康福祉学部は、まさにこのような知識を学ぶことが大きな特徴の一つになっています。健康科学科では、子どもたちの健康を増進し、疾病を予防する養護教諭の育成を行うとともに、一般企業における健康・福祉にかかわるトータルヘルスの専門家の養成も行っています。また、栄養学科ではあらゆる現場、年代に対応できる管理栄養士の育成を目指し、"食"の専門性とともに、カウンセリングマインドの習得にも力を注いでいます。

本学部の学生が、健康と栄養に関する専門力と実践力を身につけ、自分に自信を持ち、周囲から必要とされる人材となって、社会へと飛び立ってゆくお手伝いをしたいと考えています。

尚、本学では厚生労働省及び、日本医療研究開発機構(AMED)における下記研究班を代表研究者として組織し臨床研究を行ってきていますので、以下ホームページをご参照ください。

amed

このホームページでは下記研究内容を紹介しています。

  • 平成27年度:日本医療研究開発機構(AMED)障害者対策総合研究開発事業 神経・筋疾患分野「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドラインの作成」研究班
  • 平成25-27年度:厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)(神経・筋疾患分野)「慢性疲労症候群の病因病態の解明と画期的診断・治療法の開発」研究班
  • 平成24年度:厚生労働科学研究障害者対策総合研究事業(精神の障害/神経・筋疾患分野)「自律神経機能異常を伴い慢性的な疲労を訴える患者に対する客観的な疲労診断法の確立と慢性疲労診断指針の作成」研究班
  • 平成21-23年度:厚生労働科学研究障害者対策総合研究事業(こころの健康科学研究事業)「自律神経機能異常を伴い慢性的な疲労を訴える患者に対する客観的な疲労診断法の確立と慢性疲労診断指針の作成」研究班

学科紹介


健康福祉学部 3つのポリシー

健康福祉学部のアドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)、
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)はこちらからご覧ください。