心理科学部 psychology

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  心理科学部

心理科学部について

教育目標

臨床福祉の精神の下、心のはたらきについての科学的知識と、心の健康を実現するための効果的な援助技法を教授し、人々が幸せを感じて生きていける社会づくりに貢献できる実践的人材を育成します。


学部長メッセージ

心理学は
心のはたらきの「科学」です

心理科学部 学部長
山田 冨美雄 教授

学部の名称は「心理学部」ではなく、「心理」に「科学」がついた「心理科学部」

「科学」をわざわざ追加した目的は、一般の人々が抱く「心理学」へのイメージを払拭することでした。 一般の人は「心理学」を、精神を病んだ患者の「心理検査」や、相談事をもって訪れるクライエントとの「カウンセリング」を学ぶことだとおもっています。1億人の人の中の多く見積もって1割、少なく見積もると5%の人を対象とした、病気や悩みを癒す技術とおもっておられるようです。

一方、大学で心理学を学んだ人は、「心理学は心のはたらきの科学である」ことを知っています。1億人すべての人の心のはたらきを理解し、人々を幸せに導くための知識として普及させ、楽しく快適で豊かな社会作りに役立つモノ作りや人作りに貢献する科学だと知っています。

心理学先進国である欧米では、心理学は行動の科学、認知の科学として発展し、理系分野と合体して行動工学、認知工学と名を変えて、人々の生活に密着した学問へと進化しています。
実験や調査法を学ぶのは、理系の人たちと共通の認識手法として大切だからです。
心理科学部では、欧米ではオーソドックスな心理学を学びます。

現代心理学コースは最新の心理学を提供します

現代心理学コースでは、現在欧米で隆盛になりつつある新たな心理学の潮流(コンテンポラリー心理学)を学びます。健康心理学、コミュニティ心理学、ポジティブ心理学などを中心に学びます。
健康な人をより健康に導く健康心理学は、予防医学を支える心理学で、健康アセスメントや健康カウンセリングなどの心理学的技法をつかって、身体の病の予防や治療に貢献します。
コミュニティ心理学も現代心理学の花形です。地域を活性化するための施策立案、起業、企業誘致は「地域創生」の核となります。「防犯・防災の街作り」は、地域の価値を高めます。
ポジティブ心理学。これは人を幸せにするための心理学で、人の成長を促し、成功を支援し、平和で協調性のある社会作りをめざします。

臨床心理学コースも進化します

臨床心理学は、心の病をもった人を癒し、社会福祉の一部として人々に寄り添う重要な分野です。
心理科学部の中の臨床心理学コースは、現在健康な人々が病気にならないような「予防的アプローチ」をも含んだ臨床心理学としてこれからも進化します。

さあ、新しい心理科学を私たちといっしょに学ぼうではありませんか。
クールヘッドとウォームハートを4年間で身に付けましょう。


学科紹介


心理科学部 3つのポリシー

心理科学部のアドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)、
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)はこちらからご覧ください。