学部・学科・大学院 faculty

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  大学院 社会福祉学研究科  >  臨床福祉学専攻(博士前期課程)概要

臨床福祉学専攻(博士前期課程)概要

時代が求める高度専門職業人、「臨床福祉」の専門家育成をめざす。

本学が掲げる臨床福祉学とは単に「もの」や「からだ」のケアだけでなく、相手の「こころ」、そして真のニーズを十分に理解し、互いに協力して幸せをめざす“臨床”関係をベースにした生活支援の学そのものです。いま、日本の社会が最も必要としている人材は、明日を見据えた福祉理論を体した広く確かな知識を基礎に、今日の行動科学の成果を駆使できる実践的な援助技術を身につけ、多様化する福祉の第一線に臨みうるリーダーでなければなりません。 臨床福祉学専攻【博士前期課程】はまさに福祉の世界における高度専門職業人の育成をめざす「ウェルビーイング大学院」です。多様化し、複雑化する現代社会におけるウェルビーイングを具体化し、現代社会が求める積極的な価値の創造をめざして、地域社会はもちろん、教育、医療、保健、福祉、産業に及ぶフィールドをカバーできる、新しいタイプの生活支援プロフェッショナルを育成します。

教育目的・目標

福祉社会を実現するために必要な高度な理念、理論、技術を教授し、人の幸せの実現に貢献できる高度専門職業人および専門職業人に対するリーダー・スーパーバイザー、ならびに研究者を養成し、福祉社会の構築に還流することを目的とする。
臨床福祉学専攻の前期課程では、現場の職業人に対して指導できるリーダーおよびスーパーバイザーを養成する。また、後期課程においては、社会福祉の高度な研究能力を育成することにより、教育者、研究者を養成することを目的とする。
心理臨床学専攻の修士課程では、心理臨床の高度専門職業人・心理臨床家を養成することを目的とする。


研究演習科目(2017年度実績)

臨床福祉学研究演習I・II【畠中 宗一】

修士論分作成を目的にした研究演習です。修士論文は、博士論文と比較した場合、博士論文の1章に相当するというイメージです。博士(後期)課程まで予定されている方は、少し広めのテーマを設定しておいて、その中の何をテーマに設定するかという自覚のもとに研究テーマを企画設定する必要があります。私の関心は、子どものウェルビーイングを高めるための家族臨床福祉学的研究にありますが、修士論文を構想することに関しては、個別の研究テーマにどのように対応していくか、一緒に考えることは可能であると考えています。臨床福祉の現場には、多くの課題が山積みしています。自己の関心に従い臨床福祉の現場が抱える課題の解決のために、細やかな支援ができればと思っております。また共に研究できることを楽しみにしております。

臨床福祉学研究演習I・II【得津 愼子】

今日の社会福祉のテーマである「地域での自立支援」。介護や子育ての社会化がうたわれ、家族と個人のウェルビーイングと家族の果たす役割への理解が改めて求められています。システム論に基づく家族療法からの知見は、家族や家族を巡る関係の調整に役立つだけでなく、地域の職場等のより大きな多様なシステムに働きかけるときにも有用です。その実践的な体得をしつつ、具体的な事例や文献研究、論議を通して、一つには方法論としてのファミリーソーシャルワークを、第二に地域やチームでのコラボレーションのためのより効果的な働きかけを学びます。修士論文執筆にあたって各自の研究テーマを深め、実証的な研究方法を学びうるように指導・助言を行います。

臨床福祉学研究演習I・II【津田 耕一】

障がいのある人々の生活支援をどう展開していくべきかを社会福祉援助に基づいて検討していきます。近年障害福祉分野では“利用者主体”が強調されていますが、利用者主体に基づく支援とはどのようなものか、どうあるべきかについて、基礎理論を学び実践を模索していきます。単に専門知識を理解するだけでなく、実際にどう応用すべきかといった実践に根ざした研究を学生と教員が一体となって行っています。

臨床福祉学研究演習I・II【安井 理夫】

主なテーマとしては、①ソーシャルワーク理論(ソーシャルワークとは何か)、②実践理論(特に利用者中心の実存的なアプローチ)、③支援方法(利用者の生活をビジュアル化し支援を科学的に展開するための方法)、④支援技術(面接の方法や技法が、利用者の自己実現や社会的自律性の獲得にどう役立っているのか)、⑤学習やトレーニングの方法(スーパービジョンや事例検討、実習指導など)です。研究のための研究ではなく、理論と実践をつなぎ、利用者の福祉に貢献できるような研究となるように、研究の方法や論文の作成(構成や執筆)について適宜指導します。核となる利用者理解や支援方法は共通だと考えていますので、実践の分野にはこだわりません。

臨床福祉学研究演習I・II【斉藤 千鶴】

現代の都市生活では、近隣関係が希薄化しているといわれている。全国では、必ずしも単身者だけとは限らない「孤立死」の発生、高齢者・児童などの虐待問題等があいつぐ中、地域では住民自身による「見守り・支援」機能の強化、孤立化防止対策等に取り組んでいる。地域で行政と住民が一体となって支援ネットワークを構築するための手法と、そこに関わる専門職の支援アプローチを中心に学びます。


専攻からのメッセージ

大学院で何を学ぶか

学部では、社会福祉士や精神保健福祉士といった国家資格の取得が目標のひとつでした。したがって、合格のための知識の修得が中心になり、実習などで体験したことをソーシャルワークの価値や自らの感性で問い返し、意味づけていく機会は多くなかったかもしれません。しかし、自律した実践者をめざすためには、利用者の、あるいは利用者が置かれた状況の何を把握し、どう考えて、何をしたのか、つまり自分が行った支援がどういうものだったのかを説明できることが求められます。そのために必要なのは、実践を理論に照らして意味づけるという演繹的な思考と、実践から理論を構築したり問い直すという帰納的な営みの2つです。このように、自らの実践を振り返ったり、実践の理論化をめざすことで、期待できることはつぎの2つです。

よりよい実践者をめざすこと

ひとつは、実践者(ソーシャルワーカー)としてのスキルアップです。本学の大学院は、ソーシャルワークとは何か(価値と知識)だけではなく、いくつかの具体的なアプローチや、研究方法についても学べるようなカリキュラムになっています。また、ソーシャルワーカーとしての価値観や感性を磨くための人間学の授業もあります。さらに、いくつかの授業は認定社会福祉士の科目として認定を受けていますし、スーパビジョンの機会も用意されています。また、社会人の学生が学びやすいように、必修科目は夜間に上本町のサテライトで開講しています。

研究者としてのスタートラインに立つこと

もうひとつは、将来ソーシャルワークの研究者として活躍するための基礎をマスターできることです。研究者に求められるのは、論理的な思考と科学的な説明の能力です。どんなにすばらしい実践をしていても、理論化しない限り、他のソーシャルワーカーと分かちあったり、次世代に引き継いだりすることはできません。つまり、実践理論とアプローチをマスターし、研究法のトレーニングをすることで、大学院での学びは、よりよい実践と研究のスタートラインになるのです。みなさんの入学を楽しみにしています。

臨床福祉学専攻代表
安井 理夫 教授