社会福祉学部 social

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  社会福祉学部

社会福祉学部について

教育目標

臨床福祉の精神を培い、社会福祉に関する科学的な知識と技術を修得し、人が幸せに生きる社会の構築に真摯に努める専門的な実践力を備えた人を育成します。


学部長メッセージ

人の気持ちに寄り添う
専門職をめざして

社会福祉学部 学部長
津田 耕一 教授

現代社会は、複雑にいろいろなものが絡み合っています。私たちの生活も多様化し、さまざまな生活上の困難が伴っています。その生活上の困難を少しでも解決・改善していくには、表面的な問題ばかりに目を奪われていては何の解決にもなりません。生活上の困難を抱えている人々の気持ちに寄り添い、問題の本質を見極めていくことがとても大切です。

社会福祉学部では、臨床福祉を基礎として社会福祉学科、臨床心理学科の二つの学科から構成されています。それぞれの学科の特性を生かして人々の生活の支援や人々の幸福について考えていきます。

社会福祉学科では、人々の生活に深く関わる社会福祉について学び、人の気持ちを理解しつつその人の立場に立って問題の解決・改善に取り組む専門職者の養成を行っています。大学の講義だけではなく、演習や実習を通して社会福祉の専門的知識や技術を身につけ、実践力を養っていきます。そして、多くの学生が社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士を目指して勉学に励んでいます。卒業生は、福祉分野を中心に医療、産業、教育など多方面で活躍しています。

臨床心理学科では、福祉の心を十分に備えた心の支援の専門家の養成に尽力しています。現在の複雑な社会的状況の中で心を病み苦悩している人々の問題の改善と精神の健康の向上を図るための専門的な知識と技術の習得ができるような授業を整えています。本学科の学生に、履修を求められている授業科目をマスターすることにより、福祉、教育、産業、医療などの実践分野において、その培われた臨床心理学の専門性を有効に活かすことのできる仕事で能力を存分に発揮することが期待されます。

本学部では、「福祉の精神」を身につけさまざまな分野において福祉社会の構築に貢献できる人材の養成に力を入れています。


学科紹介


社会福祉学部 3つのポリシー

社会福祉学部のアドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)、
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)はこちらからご覧ください。