保健医療学部 therapy

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  保健医療学部

保健医療学部について

教育目標

医療人としての人の幸せを願う豊かなこころと教養および基礎知識を身につけると共に、リハビリテーション科学の発展と専門分化に追随し、応用できる知識と技術、および福祉科学を理解した、指導力と協調性を有する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を育成します。


学部長メッセージ

「最新の医療知識と技術」と「豊かな教養と人間性」を身につけた、人にやさしいセラピストになろう

保健医療学部 学部長
渡辺 正仁 教授

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)は、様々な困難を抱えた人々を助ける国家試験に合格して得られる医療職です。リハビリテーションのイメージとして、運動機能の回復に携わるというのが強いと思います。しかし、医療が整形外科・脳神経科・内科・耳鼻科・精神科・小児科など多分野に分かれているのに従って、リハビリテーションにも運動器系、神経系、内臓系、精神、小児、などのリハビリテーションがあります。また、医療技術の高度化が急速に進んでおり、セラピスト(療法士)は先端医療にも追随しなくてはなりません。

今日の医療では、医師・看護師・薬剤師・セラピストなどが単独ではなく、チームを組んで当ることが大切です。互いを尊敬し、意見交換し、患者様のために一番良い方法を常に考えなくてはなりません。超高齢社会を迎えた今日、地域に根付いたリハが求められており、福祉の知識も重要です。このように、セラピストとして身につけるべき知識と技能は多く、学生生活だけで修得できるものではありません。生涯にわたって学修するものですから、基礎をしっかりと身につけてほしいと思います。

医療従事者であるセラピストは知識や技術に加えて、「やさしさ」や「思いやり」が大切です。色々な方たちと長い時間接するセラピストが「やさしく」て「思いやり」があり、医療の知識だけではなく、こころ和ませる教養と人間性を持っていれば、真に愛される医療人になれると思います。

学生生活を真剣に、かつ楽しく送りましょう。何事も真剣にやってこそ喜びが生まれます。教職員と学生が共に学び、確かな知識と技術を身につけ社会に貢献できることを喜びとする。それが関西福祉科学大学・保健医療学部での学びです。



学科紹介


保健医療学部 3つのポリシー

保健医療学部のアドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)、
カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)、
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)はこちらからご覧ください。