学部・学科・大学院 faculty

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  大学院の3つのポリシー  >  関西福祉科学大学 大学院の3つのポリシー

関西福祉科学大学 大学院の3つのポリシー

学生の学びを保証するために3つのポリシー(入学者受け入れの方針、カリキュラム編成の方針、学位授与の方針)を策定し、学士課程教育の更なる充実と改善を図っています。


ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 社会福祉学研究科は、建学の精神「感恩」に基づき、人の幸せを願う豊かなこころで、福祉科学についての高度な専門知識、技術を有する高度専門職業人ならびに教育、研究に携わる研究者の育成を行い、次の基本方針のもとに学位を授与します。
 本研究科の学生は、福祉社会を実現するために必要な高度な理念、理論、技術を修得することが求められます。学部教育で修得した基礎的能力を基盤として、各専攻においてそれぞれの学問領域で必要とされるより高度な諸能力を修得しなければなりません。
 従って、各専攻の教育目的に沿って設けられた科目を履修し、修了に必要な単位を取得し、修士論文あるいは博士論文を作成して最終試験に合格することが学位授与の必須条件となります。


カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

 社会福祉学研究科では、建学の精神に基づく教育理念に沿い、福祉科学についての高度な専門知識、技術を有する高度専門職業人を育成するために、臨床福祉学専攻(博士前期課程、博士後期課程)と心理臨床学専攻(修士課程)の2専攻を設置し、以下のような方針でカリキュラム(教育課程)を編成しています。


アドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)

 社会福祉学研究科の使命、教育理念、教育目的・目標に沿う高度な専門的知識に基づいて、生活問題や適応不全への支援を志す人を求めています。