nyugaku

総合型選抜(ポテンシャル発見)

2021年度入試については、社会情勢によって実施内容を変更する場合があります。
2021年度入試の実施内容に変更等が生じる場合は、本ホームページにてお知らせします。

WEB出願


入試コンセプト


入試ポイント

 従来の入試が、あなたの「これまでに頑張った成果」を評価する入試であることに対して、「総合型選抜(ポテンシャル発見)」は、「あなたの可能性=ポテンシャル」に注目して育成・評価する本学独自の入試です。
 
本学への入学を志望し、総合型選抜(ポテンシャル発見)の受験を考えていらっしゃる方は、「あなたの可能性」を広げ、深める本学の「ポテンシャル発見プログラム」に参加してください。
 ポテンシャル発見プログラムを受けた後は、「あなたの強み」「大学でやりたいこと」「あなたの将来像」がより明確になっているはずです。そして、その成果を「総合型選抜(ポテンシャル発見)」にて発揮していただきます。

奨学金ポイント

  • 総合型選抜(ポテンシャル発見)の合格・入学手続き者は検定料免除で一般選抜奨学金にチャレンジできます。(但し、合格・入学手続きされた学科・専攻に限る)

募集人員

学部・学科  前期・後期合計
社会福祉学部 社会福祉学科 10名
心理科学部 心理科学科 8名
健康福祉学部 健康科学科 5名
福祉栄養学科 若干名
保健医療学部 リハビリテーション学科
理学療法学専攻
2名
リハビリテーション学科
作業療法学専攻
2名
リハビリテーション学科
言語聴覚学専攻
2名
教育学部 教育学科
子ども教育専攻
3名
教育学科
発達支援教育専攻
3名

出願資格

本学を専願とする者で、以下の1~3のいずれかに該当し、かつ、4の条件を満たす者。

  • 高等学校または中等教育学校を卒業した者、または2021年3月卒業見込みの者。
  • 通常課程による12年の学校教育を修了した者、または2021年3月修了見込みの者。
  • 学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者、または2021年3月までに認められる見込みがある者。
  • ポテンシャル発見プログラムの1stプログラムおよび2ndプログラムに同一学科で参加し、当該学科のプログラム修了証明書を授与された者。

日程等一覧

  Ⅰ期 Ⅱ期
出願期間(※) 2020年9月1日(火)~9月11日(金) 202011月6日(金)~11月19日(木)
受験票発送日 2020月9月15日(火) 2020年11月21日(土)
選考日 2020月9月19日(土) 2020年11月28日(土)
合否通知発送日 2020年11月2日(月) 2020年12月4日(金)
入学金納入締切日 2020年11月9日(月) 2020年12月11日(金)
春学期授業料等
納入締切日
2020年11月20日(金) 2020年12月25日(金)
  • ※出願登録・入学検定料の払い込みは、出願期間内に必ず完了してください。出願書類の提出は出願締切日翌日の消印有効です。

入学検定料

30,000円


選考方法(試験科目・試験時間・配点等)

試験科目 配点 試験時間 試験内容
プレゼンテーション 80点 10:00~
(1人15分程度)
本学の指定するテーマに基づいて、プレゼンテーションを行います。(5分程度)
その後、質疑応答。(チャレンジシート※に基づき、受験者の志望動機等を確認する。)
 ※ポテンシャル発見プログラム参加時に、作成して頂きます。
調査書(学習成績の状況) 20点  - 学習成績の状況×4
対象学科 社会福祉学部(社会福祉学科)/心理科学部(心理科学科)/健康福祉学部(健康科学科・福祉栄養学科)/ 保健医療学部(リハビリテーション学科)/教育学部(教育学科)
備考
プレゼンテーションにおいては、以下の①~⑤の持ち込みを認める。(制作物については、自分で作成したものに限る)。
 ※プレゼンテーション時に読み上げるための原稿として使用すると、減点になる場合があります。
 ※①は受験生全員に配付します。また、②~⑤のいずれかのみ持ち込み可能。複数の制作物の持ち込みはできません。

【持ち込めるもの】
 ①出願時に提出した「ポテンシャル発見プログラム チャレンジシート」
  ※プレゼンテーション時に担当教員から配付されますので、受験者本人での準備は不要です。
 ②配付用資料(A4サイズのみ、枚数制限なし。但し、担当教員2名及び受験者本人用として3部用意すること)
  ※プレゼンテーション開始時に、受験者本人から担当教員に渡してください。
   ③ 画用紙等で作成した、手持ちで見せて説明するための制作物(A3サイズ以下、枚数制限なし、1部のみ) 
 ④ポスター等の掲示用制作物(原則A1サイズ以下、1枚のみ。ホワイトボードに掲示するマグネットは試験場で準備する)          
 ⑤ノートパソコンもしくはタブレット(画面が7.5インチ以上のもの、1台のみ)
  ※ノートパソコン・タブレット等の通話・録音・録画機能を使用することは不可とする。
 

出願書類

  • 写真
  • ポテンシャル発見プログラム参加証
  • ポテンシャル発見プログラムチャレンジシート
  • 調査書等
    (高等学校卒業程度認定試験合格者は「合格成績証明書」、合格見込み者は「合格見込み成績証明書」)

ポテンシャル発見プログラム・総合型選抜(ポテンシャル発見)の流れ

「総合型選抜(ポテンシャル発見)」は「ポテンシャル発見プログラム」に参加することが出願条件です。
ポテンシャル発見プログラムの参加方法や詳細については、下のバナーより「ポテンシャル発見プログラム」特設ページに移動し、確認ください。