正式名称:厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(神経・筋疾患分野)「自律神経機能異常を伴い慢性的な疲労を訴える患者に対する客観的な疲労診断法の確立と慢性疲労診断指針の作成」研究班

疲労に関する情報

○慢性疲労症候群とは?

 →こちらよりご覧になれます

○慢性疲労症候群に陥るメカニズム

 →こちらよりご覧になれます

○厚生労働省(旧厚生省)慢性疲労症候群診断基準

 →こちらよりご覧になれます

○米国疾病対策センター(CDC)による慢性疲労症候群診断基準

 →こちらよりご覧になれます

○日本疲労学会による新たなCFS診断指針

 →こちらよりご覧になれます

○2009年 厚生労働省疲労研究班誕生

 →こちらよりご覧になれます

これまでに掲載させた疲労関連の文献 (2008年以降)

※以下のリンクはPDFファイルでご覧になれます(Adobe Readerなどのプラグインが必要になります)

文献により画像のサイズが異なっております。見辛い部分はアプリケーションの拡大縮小機能をお使いください。

産業疲労特定検診の必要性と有用性(日本疲労学会会誌2010年第5巻第2号)

 

「ここまでわかった!疲労の正体」(暮しと健康2010年5月号より転載)

 

○特集「心と体の疲れをスッキリ解消!」(セルフドクターVol.053 2010年)

 

○特集「知っていますか疲労の事実」(安全衛生のひろば2010年)

 

「慢性疲労症候群患者に対する1日2回服用タイプの補中益気湯の治療効果」(Progress in Medicine2010年)

 

「精神作業疲労に対する森林浴の疲労回復効果」(日本疲労学会会誌2010年)

 

「女子大生における疲労・抑うつと食の関連について」(Functional Food2010年)

 

「メンタルヘルス関連疾患と治療 慢性疲労症候群」(臨牀と研究別冊2009年)

 

「慢性疲労はどこまでわかったか?」(医学のあゆみ2009年)

 

「慢性疲労症候群という病気があると聞いたがどのようなもの?」(季刊クリニックQ&A2009秋)

 

「慢性疲労に陥るメカニズム、環境要因、遺伝的背景」(治療別冊2008年)

 

「子供を蝕む大人の病気 慢性疲労症候群」(小児科別冊2008年)

 

「慢性疲労症候群の疫学、病態、診断基準」(日本臨床別冊2008年)

 

「慢性疲労に陥るメカニズム」(現代科学別冊2008年)