健康科学科 Health

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  健康福祉学部  >  健康科学科  >  教員紹介  >  八田 武志

八田 武志

健康科学科

教授 八田 武志 はった たけし
専門分野

神経心理学

脳と行動とのしくみを解明することを目指す神経心理学が専門です。特に左ききの脳のしくみや、左右脳の働きの違い、中高年者の加齢による脳の働きの様相を調べて、脳機能低下を予防する研究をしています。
担当科目 総合教養

MESSAGE

下記が研究テーマです。関心のある人の相談にのります。

・中高年者の高次認知機能の評価システムの構築とその機能維持のための処方開発
・頭部外傷者の認知機能評価と認知リハビリテーションシステムの構築
・大脳半球機能差の研究
・きき手と脳機能に関する研究
・日本語表記の認知特性に関する研究
・家族システム認知評価法の開発

学位 文学博士(大阪市立大学)
最終学歴 大阪市立大学大学院 文学研究科博士課程(1973年中退)
教育・研究実績 (著書)
・大脳半球機能差に関する研究 風間書房1982
・左ききの神経心理学 医歯薬出版 1996
・左対右 きき手大研究 化学同人 2008
・「左脳・右脳神話」の誤解をとく 化学同人 2013
 その他、共著、編著、分担執筆を含め約40編

(学術論文)
・The relation between cognitive function and UI in healthy community-dwelling middle-aged and elderly people. Archives of Gerontology and Geriatrics,2010.
・Strategy effects on word searching in Japanese letter fluency tests: Evidence from the NIRS findings. Reading & Writing, 2008.
・Menstrual cycle effects on memory and Stroop task performance. Sexual Behavior Archives,2009.
その他 39雑誌に約250編

教育上の能力に関する事項

教育方法の実践例 -
作成した教科書、教材
1987年 教育心理学(培風館、単著)
1990年 脳と行動のしくみ(医歯薬出版、単著)
2003年 脳のはたらきと行動のしくみ(医歯薬出版)
2007年 新版現代心理学(培風館、編著)
2009年 健康科学入門(文理閣、編著)
実務の経験を有する
者についての特記事項
-
その他 -

職務上の実績に関する事項

資格、免許 学校心理士
特許等 -
実務の経験を有する者についての特記事項
1977年 文部省在外研究員(長期)連合王国(Wales大学)
1982年 豪日交流基金在外研究員(Western Australia大学)
1983年 日本学術振興会特定国派遣研究員(Israel,Bar Ilan大学)
2003年 名古屋大学情報文化学部長
2003年 人間環境学研究会代表(人間環境学研究:Journal of Human Environmental Studies編集代表)
2009年 関西福祉科学大学教育開発支援センター長・教務部長
2012年 関西福祉科学大学副学長・教育開発支援センター長
2014年 関西福祉科学大学学長
その他 -

教員一覧へ戻る