学部・学科・大学院 faculty

関西福祉科学大学 HOME  >  学部・学科・大学院  >  大学院の3つのポリシー  >  前期・後期・専攻の3つのポリシー

前期・後期・専攻の3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

臨床福祉学専攻

博士前期課程

 社会福祉学の高度な専門的知識の修得を基盤として対人支援の価値を理解し、必要な技術を獲得して臨床福祉を実践できる高度専門職業人を育成します。さらに、実践を通してグローバルな視点で福祉社会の構築に貢献しうる人を育成します。

博士後期課程

 臨床福祉学の高度な理論、知識、調査法などの広範な研究内容を蓄積し、グローバルな視点で福祉社会の構築に取り組み、教育、研究機関において専門職に携わる研究者を育成します。

心理臨床学専攻

修士課程

 こころの仕組みや働きの問題に通じ、現代人がもつ様々な問題の心理支援を実践できる高度専門職業人を育成します。また、保健医療、福祉、教育、司法、産業の分野での心理学の専門的国家資格である「公認心理師」、および財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士」の養成を目指します。


カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

臨床福祉学専攻

博士前期課程

 高度専門職業人として臨床福祉を実践していくための基幹的能力を育成するために、社会福祉の人間観や支援のあり方を学ぶ必修科目を設定しています。修士論文の提出を求めます。
 臨床福祉を実践する上で必要となる各領域での高度な専門的能力を育成するために、研究領域科目を「アプローチ・支援方法」「制度・サービス」「研究方法」と分け、それぞれの領域における高度な理論を選択科目としています。また、「研究方法」には必修科目も設定しています。

博士後期課程

 臨床福祉学の研究者や専門教育指導者として必要となる臨床福祉の高度な理論と知識、研究能力を育成するために、「臨床福祉学研究演習」を必修科目に設定しています。博士論文の提出を求めます。
 臨床福祉学における特定の分野の調査研究に関する高度な理論と知識、研究能力を育成するために、社会福祉を取り巻く様々な分野における臨床福祉の高度な理論や技術について研究する選択科目を設定しています。

心理臨床学専攻

修士課程

 心理支援を行える高度専門職業人となるための能力を育成するために、講義、演習、および学内外での実習を通じて、心理査定やカウンセリング等の心理支援に関する高度な理論や実践的技術を必修科目として設定しています。修士論文の提出を求めます。
 心理支援を行っていく上で必要となる各領域での高度な専門的能力を育成するために、研究方法系、心理臨床系の各領域における高度な実践理論を学ぶ選択科目を設定しています。


アドミッション・ポリシー(求める学生像と受け入れ基本方針)

臨床福祉学専攻

博士前期課程

 社会福祉の高度な理念、理論、技術を修得し、臨床場面において高度なレベルの対人支援を行うことのできる社会福祉実践のリーダー、専門職を目指す人を求めています。
 なお、博士前期課程では、2年間の夜間コースでの履修で修士の学位を取得できる昼夜開講制を採っており、社会福祉施設や福祉関連機関で働いている人で上述の専門職を目指す人も求めています。

博士後期課程

 臨床福祉学の教育と研究に従事しうる高度な知識と学識を有し、臨床福祉に関する研究の実施および指導のできる教員、研究者を目指す人を求めています。
 なお、博士後期課程では3年次編入学制度を設けており、社会福祉の博士後期課程を単位取得満期退学した人で上述の教員、研究者を目指す人も求めています。

心理臨床学専攻

修士課程

 心理学全般の専門的知識と技術を基礎にして、教育、医療、福祉、産業、地域の臨床領域で心理支援を行う高度専門職業人を目指す人を求めています。