新着情報 topics

関西福祉科学大学 HOME  >  新着情報  >  2018年 新着情報  >  【速報】健康科学科 公認心理師カリキュラムを策定中です!

【速報】健康科学科 公認心理師カリキュラムを策定中です!2018年01月23日

「公認心理師」とは、心理学における初めての心理職国家資格で、大学在籍中に所定の科目を修めた上で、卒業後に心理系大学院を修了するか、特定の機関で2年ないし、3年の実務経験を積むことで、受験資格を得ることができます。

 この度、健康科学科では大学在籍中に「公認心理師」の受験資格を得るために必要となる「所定の科目」を取得できるよう、本学の心理科学部と連携し、カリキュラムを再編成することになりました。
 なお、健康科学科では、学科内選抜により5名程度が「公認心理師」にチャレンジできる予定です。(平成30年度入学生より予定)


(「公認心理師」の詳細は厚生労働省のページをご参照ください。「厚生労働省」) 


◆心の問題は、現代社会に暮らす全ての世代にとって関心が深い事柄です。
 健康科学科では、「公認心理師」の受験資格取得のためのカリキュラム再編成により、一層、児童・生徒から働く人々や高齢者まで、幅広く心と体の健康を見守る人の養成を目指します。

◆健康科学科で「取得できる」および「目指せる」主な資格

 ・養護教諭一種免許状

 ・第一種衛生管理者

 ・公認心理師受験資格(※1)

 ・高等学校教諭一種免許状(保健)

 ・中学校教諭一種免許状(保健)


※1:カリキュラムの再編成中です。なお、公認心理師の受験資格を取得するためには、大学在籍中に所定科目の履修に加え、心理系大学院の修了もしくは、特定機関での実務経験(2~3年)が必要となります。

※2:資格の組み合わせによっては、取得が不可能な組み合わせもございます。


※本学での心理科学部での公認心理師についての学びやカリキュラム準備状況を知りたい方はこちら
※養護教諭 教員採用試験合格者の声はこちら

 
 


前のページへ戻る