新着情報 topics

関西福祉科学大学 HOME  >  新着情報  >  2018年 新着情報  >  図書新聞にて、心理科学部を中心とした先生方の本が紹介されました

図書新聞にて、心理科学部を中心とした先生方の本が紹介されました2018年01月22日

 平成30年1月20日付けの「図書新聞」にて、「最新の心理学と哲学の論点を知るための三冊」の一冊として、本学の心理科学科、健康科学科、教育学科に所属する先生方によって出版された「ポジティブ心理学を味わう」という書籍が紹介されました。

◆書籍の概要
ポジティブ心理学を味わう 〜エンゲイジメントを高める25のアクティビティ

J.J.フロウ,A.C.パークス 編 島井哲志,福田早苗,亀島信也 監訳 北大路書房 定価 2700円+税

 ポジティブ心理学の全体像を掴み,その神髄に触れる実践活動を厳選。勇気,謙遜といった抽象的な概念を経験的に理解するための活動や,共感性,マインドフルネスなどについての模擬的な実験を紹介する。また,個人的な経験/自己省察を通して,感謝,好奇心,希望といった概念を,現実世界の実践と繋げて理解できるよう促す。

◆主なもくじと担当教員(2回目以降は姓のみ記載)
●第1部 概念を経験から理解する
 1章 勇気(心理科学部・島井哲志)、2章 謙虚(健康福祉学部・福田早苗)、3章 強み(福田、4章 ユーダイモニア(健康福祉学部・松中久美子)、5章 仕事(教育学部・堀田千絵)、6章 文化とアイデンティティ(心理科学部・亀島信也)、7章 目的(心理科学部・竹橋洋毅)、8章 スピリチュアリティ(島井)
●第2部 実験による経験を通じて学ぶ
 9章 ポジティブ感情(島井)、10章 ポジティブヘルス(心理科学部・山田冨美雄)、11章 人間関係づくり(松中)、12章 共感性(心理科学部・宇恵弘)、13章 文化と主観的ウェルビーイング(亀島)、14章 豊かさと主観的ウェルビーイング(竹橋)、15章 マインドフルネス(心理科学部・多田美香里)、16章 寛容性・許し(心理科学部・津田恭充)、17章 フロー (津田)
●第3部 経験の振り返りを中心に学ぶ
 18章 感謝(堀田)、19章 好奇心(多田)、20章 幸福感の促進(松中)、21章 希望(福田)、22章 物質主義(健康福祉科学・治部哲也)、23章 味わう(亀島)、24章 動機づけ(竹橋)、25章 エンゲイジメント(島井)


前のページへ戻る