新着情報

【プレスリリース】「慢性疲労症候群の客観的診断に有効なバイオマーカーを発見」について

2016年10月17日

 この度、本学 健康福祉学部長の倉恒弘彦 (くらつねひろひこ)教授をはじめ、大阪市立大学医学研究科システム神経科学の山野恵美(やまのえみ)特任助教、理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターの渡辺恭良(わなたべやすよし)センター長(大阪市立大学名誉教授)と片岡洋祐(かたおかようすけ)チームリーダー(大阪市立大学客員教授)、慶應義塾大学先端生命科学研究所らの研究グループにおいて、慢性疲労症候群(CFS: Chronic Fatigue Syndrome)患者の血漿成分中に特徴的な代謝物質が存在することをメタボローム解析(代謝物質の網羅的解析)により明らかにしました。
 また、これらが慢性疲労症候群の客観的診断に有効なバイオマーカー(診断マーカー)となりうることが分かりました。
 本研究成果は、英国のオンライン科学雑誌サイエンティフィック・リポーツに英国時間2016年10月11日に掲載されました。

 なお、プレスリリースの詳細につきましては、「こちら」 をご確認ください。

HOMEページのTOPへもどる